特 集 
「今、改めて問う―放射線は正しく認識されているか」

■放射線健康影響を正しく認識するために大切なこと
放射線影響協会 理事長
佐々木 康人
■福島原発事故から8年-放射線影響で思うこと
福島県立医科大学 副学長
山下 俊一
■放射線に対するリスク感覚を養成する
京都大学 環境安全保健機構 助教
角山 雄一
■医療における放射線不安の実態
京都医療科学大学 医療科学部 教授
大野 和子
■低線量放射線影響の解明に向けて
電中研 放射線安全研究センター長
岩崎 利泰
■食品の放射能汚染解消と風評
日本原子力学会 福島特別プロジェクト
布目 礼子

徹底分析
「原子力分野におけるAI活用の実態」
三菱総研 原子力安全事業本部 研究員
藤山 翔乃

ル  ポ
「ピルグリムファーザーズ」第2回
米マサチューセッツ州
ルポライター
麻木田尚太

巻頭インタビュー■
「石油価格は市場が決める時代に」
 
東京国際大学 国際関係学部 教授
武石 礼司
随筆■
「六ヶ所村の「これまで」と「これから」」
浅野智恵美
  「福島浜通りを再生させよう」
松岡 俊二
書評■
「荒勝文策と原子核物理学の黎明」
木村 逸郎
「気候で読む日本史」
高野 陽
福島事故を乗り越えて■
「国土強靭化に不可欠な原子力発電」
金盛 正至
連  載
日本のエネルギー/次の一手37■
「マキャベリと孔子-絶対論と自然則」
宮野 廣
一刀両断■
「グリーン・ニュー・ディールかグリーン・ドリームか」
山本 隆三
原子力なんでもQ&A81■
「AP1000とは何ですか?」
岡本 孝司

カナダ便り72■
「男女平等、まだまだ道半ば」
長崎 晋也
未来を拓くサイエンス66■
「喫煙習慣に関与する遺伝因子と疾患感受性」
室伏きみ子
世界のガス産業 13■
「BP2019年版エネルギー展望」
大先 一正
百花繚乱■
「顔が見える対話」
井内 千穂 海外エネルギー事情75■
台湾、韓国
「産業界などから見直し要求、脱原子力の現状」
東海 邦博
中東最前線41■
「パレスチナの明と暗」
池滝 和秀
内外石油事情16■
「米ヒューストン開催のCERAウィークから」
根井 寿規
放射線アラカルト46■
「記念日」
古田 悦子
資料■
「1900年以降に発生した規模の大きな地震」
進化する教育 小学校の理科は4■
「日本の理科教育の変遷(その2)」
千葉 秀一
わが国の原子力のこれから■
「福島事故を踏まえての原子力安全 その1」
原子力エネルギー政策研究会
福島第一原子力発電所リポート■
エネルギーと社会・暮らしと経済■

編集後記■
Jump to top
| HOME | >> | Energy Review toppage | >> | newmagazine Contents |