特 集 
「エネルギーシステムと社会リスク」

■社会総合リスクから見た安全の位置づけ
横浜国立大学 環境情報研究院 客員教授
野口 和彦
■化石エネルギーのリスク問題
筑波大学 名誉教授
内山 洋司
■原子力発電の安全とリスク
東京大学リスク俯瞰工学 特任教授
高田 孝
■再生可能エネルギー利用に潜むリスク
筑波大学 システム情報系 教授
岡島 敬一
■社会の安全とリスク認識
明治大学 名誉教授
向殿 政男
■核燃料施設の安全とリスク評価
原子力機構 安全研究センター 非常勤嘱託
吉田 一雄
■自然災害の社会リスク
元法政大学 客員教授
宮野 廣

徹底分析
「仏EPR開発、失敗の系譜」
海外電力調査会 原子力グループリーダー
黒田 雄二

ル  ポ
「コロンビア特別区」第9回 タイダルベイスン周辺トレイル
ルポライター
麻木田尚太

巻頭インタビュー■
「発足50年を節目に事業の拡充を」
 
発電設備技術検査協会  理事長
濱谷 正忠
随筆■
「若いIT人材と日本の将来」
大山 泰
  「幕末温暖期」
三上 岳彦
書評■
「原子力発電世論の力学」
木村 逸郎
「インドが変える世界地図」
今西 学
「日本原子力発電 敦賀発電所を訪ねて」
秋庭 悦子
連  載
日本のエネルギー/次の一手48■
「新人類は太陽神からはじまった」
宮野 廣
一刀両断■
「米中合意でアジアエネルギー市場は先安感」
堀井 伸浩
原子力なんでもQ&A92■
「環境を守るとは」
岡本 孝司

カナダ便り83■
「青天井のパイプライン費用」
長崎 晋也
理科教育雑感2
「天文現象の魅力」
千葉 秀一
百花繚乱■
「液状化する社会における専門家の役割」
山口 富子
内外石油事情27■
「コロナウィルスによる国際石油需要予測」
根井 寿規 海外エネルギー事情86■
IEA
「'19年の世界CO2排出量は横ばいと発表」
東海 邦博
中東最前線52■
「和平案の名に値せず」
池滝 和秀
放射線アラカルト56■
「森林火災と放射性物質の行方」
古田 悦子
ウラン濃縮遠心法 9■
「日本の遠心法の黎明(後編)」
山本 文雄
世界のガス産業 24■
「ウクライナ迂回を目指すロシアのパイプライン政策」
大先 一正
未来を拓くサイエンス74■
「SDGs推進を目指した教育・研究(1)」
室伏 きみ子
資料■
「アメリカ人口と人種」
エネルギーと社会・暮らしと経済■
福島第一原子力発電所リポート■
編集後記■
Jump to top
| HOME | >> | Energy Review toppage | >> | newmagazine Contents |