特 集 
「風評被害を考える」

■風評被害の構造を考える
東京農業大学 名誉教授
門間 敏幸
■食品分野における風評被害の実態
公益財団法人 食の安全・安心財団 理事長
唐木 英明
■福島の風評被害の実態を考察する
福島大学 食農学類 教授
小山 良太
■風評被害と英国のコミュニケーション
-BSE発症騒動の教訓を活かす-
科学ジャーナリスト
小出 重幸
■福島産などの食品禁輸措置継続中の台湾の事情
輔仁大學跨文化研究所 兼任教授
謝 牧謙

徹底分析
「日本の電力系統の現状と課題」
東京大学大学院工学系研究科 教授
藤井 康正

ル  ポ
米ワシントンDC「コロンビア特別区」第2回
ルポライター
麻木田尚太

巻頭インタビュー■
「データサイエンス教育に力注ぐ」
 
横浜市立大学 学長補佐
山中 竹春
随筆■
「オランダの叡智」
西村 陽
  「メディアの「忖度」報道の行く末」
小島 正美
書評■
「ルポ 人は科学が苦手」
三島 勇
「光の量子コンピューター」
春野 健
投稿■
「原子力船「むつ」プロジェクトに携わって」
藤川 正剛 他
福島事故を乗り越えて■
「放射性廃棄物の埋設・処分の出発点」
金盛 正至
連  載
日本のエネルギー/次の一手41■
「平行線は交わるか」
宮野 廣
一刀両断■
「ドイツを二分する炭素税」
山本 隆三
原子力なんでもQ&A85■
「チェルノブイリの格納設備とは?」
岡本 孝司

カナダ便り76■
「意外に難しい? カナダ市民権試験」
長崎 晋也
進化する教育 小学校の理科は8■
「主体的・対話的で深い学び〈その3〉」
千葉 秀一
未来を拓くサイエンス69■
「熱中症とその予防」
室伏きみ子
百花繚乱■
「自然界の揺らぎに注目し技術構築」
梅津 理恵 海外エネルギー事情79■
フランス
「小型モジュール炉の開発推進を提言」
東海 邦博
中東最前線45■
「日米同盟動揺、中東の事例は」
池滝 和秀
内外石油事情20■
「BP六月統計による石油情勢」
根井 寿規
放射線アラカルト50■
「ロゴマーク」
古田 悦子
わが国の原子力のこれから5■
「もんじゅプロジェクトの教訓」
原子力エネルギー政策研究会
世界のガス産業 17■
「スポットLNG価格の急落を巡る動向」
大先 一正
資料■
「東京都の人口予測」
ウラン濃縮遠心法 2■
「マンハッタン計画における遠心法」
山本 文雄
福島第一原子力発電所リポート■
エネルギーと社会・暮らしと経済■

編集後記■
Jump to top
| HOME | >> | Energy Review toppage | >> | newmagazine Contents |