特 集 
「デジタルネイティブ世代が拓く新時代」

■エネルギーシステム全体の視点とギャップを示すということ
日本エネルギー経済研究所 石油グループ 研究員
川上 恭章
■“なぜ”で日本を育てる!
京都光華中学高等学校 教諭
間浦 幹浩
■原子力発電の必要性
東北大学大学院 修士2年
大竹 拓郎
■リスクコミュニケーションを大切に
大阪大学大学院 修士1年
尾幡 穂乃香
■原子力研究と人材育成に変革を
東京工業大学 先導原子力研究所 助教
中瀬 正彦
■ネットやスマホ向けエネルギー情報を
近畿大学大学院 博士前期課程1年
島津 美宙
■福島事故からの復興を実証しインフラ支える電気を堅守
日本原子力研究開発機構 技術主幹
田川 明広
■エネルギーの安定確保は生活の礎
東京都市大学大学院 修士1年
高崎 史晟

徹底分析
「IPCC1.5度特別報告書」
キヤノングローバル戦略研究所 上席研究員
杉山 大志

ル  ポ
「メサベルデ国立公園」(下)
米コロラド州
ルポライター
麻木田尚太

巻頭インタビュー■
「近大炉で五〇年一筋の人材育成」
 
近畿大学原子力研究所 所長
伊藤 哲夫
随筆■
「富裕層旅行への対応」
矢ケ崎 紀子
  「女性の地位向上の影には」
内田 瑞子
書評■
「地球46億年 気候大変動」
齋藤 雄志
「図解 宇宙のかたち」
長田 幹夫
もんじゅ計画の経験を活かせ
-自主開発魂の灯
「「もんじゅ」安全確保、向上への挑戦」
元東海大学原子力工学科 教授
可児 吉男
福島事故を乗り越えて■
「国際公共財として「もんじゅ」の再活用を」
金盛 正至
J-POWER■
「松浦火力でバイオマス燃料を混焼」
連  載
日本のエネルギー/次の一手35■
「新たなエネルギーシステムの構築」
宮野 廣
一刀両断■
「掛け声に終わるIPCCとIEAの空しいシナリオ」
小野 章昌
原子力なんでもQ&A79■
「SMRとは何ですか?」
岡本 孝司

カナダ便り70■
「え? 今ニコチン回帰がファッションなの?」
長崎 晋也
未来を拓くサイエンス64■
「インフルエンザの流行(1)」
室伏きみ子
世界のガス産業 11■
「露中間の天然ガスパイプラインの建設」
大先 一正
百花繚乱■
「美しい近代産業建築」
水尾 衣里 海外エネルギー事情73■
EU
「エネルギー・気候変動施策法令化完了へ」
東海 邦博
中東最前線39■
「アフリカ最大のダム稼働迫る」
池滝 和秀
内外石油事情14■
「産油国の経済社会情勢」
根井 寿規
放射線アラカルト44■
「中学校の放射線教育」
古田 悦子
資料■
「民生用電気機器2018年(1月〜12月)国内出荷実績」
進化する教育 小学校の理科は2■
「全国学力・学習状況調査」
千葉 秀一
福島第一原子力発電所リポート■
エネルギーと社会・暮らしと経済■

編集後記■
Jump to top
| HOME | >> | Energy Review toppage | >> | newmagazine Contents |